YUPINの投資と暮らしの日記

主に投資や、日常について書いています。

2024年2月投資成績【株式投資・太陽光発電】

2月投資成績  

 

 2月の投資成績をまとめました。  

    株式投資は前月比4.39%、年初比では8.66%のプラスとなりましたが、1月に続き市場平均の上昇率には及びませんでした。(日経平均:約7.9%上昇、TOPIX:約4.9%上昇)

 TOPIX比では善戦していますが、日経平均では倍近い差をつけられてしまいました。

 2月は証券口座に18万円新規で入金しています。  

 2月は児童手当の支給月ですので、例月よりも入金額が多くなりました。

 日本株の購入ではAnd Doホールディングスを買増し、保有数が2,000株となり、優待ポイントの上限(40,000ポイント)となりました。

yupin.hatenablog.com

 また、ハニーズホールディングスも買い増ししました。

yupin.hatenablog.com

 さらに、妻と子供はハニーズホールディングスとヤマダホールディングス購入したため、ハニーズホールディングスは家族全員が保有することになり、ヤマダホールディングスは家族全員が1,000株ホルダーになりました。

yupin.hatenablog.com

 ハニーズホールディングスについては、100株投資での配当・優待利回りが5%を超える水準となっているので、下値は限定的だと思いますし、売上総利益率も向上しているため、今後も業績の成長、増配も期待できると思っています。

 ヤマダホールディングスは家族全員保有により優待が厚くなったので、家電の更新費用の節約が今後期待できます。

 米国株ではクラフト ハインツを追加で購入しています。

yupin.hatenablog.com

 円安のため、ドルへの両替が進んでおらず手持ちの米ドルが少なくなってきたので、米国株の買付けはスローダウンしていますが、引き続き安定配当銘柄を中心に集めていく予定とします。

 2月は34年ぶりに日経平均株価が史上最高値を更新しました。

 年初からの急激な上昇で一気に突破したため、警戒すべきかもしれませんがそこまでの過熱感は感じません。

 身近ではまだ「靴磨きの少年」は登場していないので相対的に割安な日本株は海外の投資資金の流入も上値余地は大きいと予想しています。

 日経平均38,915円の壁がなくなったので、3月はまずは日経平均4万円突破を狙っていく展開ですが、4万円突破がさらに勢いを加速させるのか、達成感からの調整入りとなるか潮目の変化には注意して3月の相場に臨みたいと思います。

2月の発電量  

 太陽光発電は月間発電量2,336kWhで、シミュレーション比102%でした。  

 今年はうるう年のため、1日多いにもかかわらず2月の発電量としては過去最低となりました。

 最低気温の平均値が例年よりも1℃以上高く、暖冬を象徴するような一ヵ月となり、特に中旬以降は梅雨空のような雲に覆われる日が続いたため太陽光発電の恩恵が乏しい一ヵ月でした。

 そのかわり、スキー場でも寒い思いをすることなく子供と遊べました。

yupin.hatenablog.com

 今年は予想通りの暖冬で光熱費は昨年から下がっており嬉しい反面、厳冬期らしい澄んだ青空となる日が少なく、太陽光発電は1月、2月とやや低調な結果となっています。

 3月からは日照時間も伸び、太陽光発電では稼ぎ時のシーズンに突入するため、春の訪れとともに晴天に期待したいところです。

 家庭菜園についても準備を始めていこうと思います。

三洋貿易の1Q決算を確認【日経平均株価40,000円突破のカウントダウン始まる】

3月1日投資成績

 本日の保有株の含み損益は前日比-216,153円となりました。

 日経平均が744円高となったことで再び大型株へ資金が流れたようで私の銘柄は割を食っています。

 九州リースサービス(8596)も1,580円まで続伸し、年初来高値を更新も終値では59円安となるなど一服しています。

日経平均株価40,000円突破のカウントダウン始まる

 いよいよ日経平均株価が40,000円突入へカウントダウンに入りました。

先物では40,000円を突破 SBI証券から

 先物では40,000円を突破しており、今晩の米国市場で波乱がない限りは来週中に40,000円を突破しそうです。

三洋貿易の1Q決算を確認

 三洋貿易(3176)が1Q決算を確認しました。

 1Q決算IR

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/31760/867b052a/b4d9/4491/9854/33370ed1d8ab/140120240207528985.pdf

 増収・増益とともに、1Q時点で順調な進捗を見せています。

 決算説明資料を確認すると営業利益率も前期比で上昇しています。

 決算説明資料

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/31760/f01a37a5/d190/40f6/9439/532729d86014/20240208172305184s.pdf

 ゴムは円安の影響、海外現地法人は中国の景気減速等のネガティブな事象もあるようですが、堅実な事業を推進しています。

 今回の決算では触れられていませんでしたが、同社は幼稚園などの送迎バスの置き去り防止センサーを手掛けるなど、社会的意義の大きい事業を行っておりますので、引き続き投資を通じて応援していきます。

yupin.hatenablog.com

 予想PER8.7倍台、PBR0.89倍と株価は割安です。

三洋貿易の1年チャート SBI証券から

 配当利回りも3%を超えているのでNISAでじっくり投資できそうです。

 三洋貿易のような割安放置銘柄があるので、日本株はまだ過熱感はないと見ています。

九州リースサービスが3Q決算・業績上方修正・増配を発表【TSMC関連で大化けを期待】

2月29日投資成績  

 本日の保有株の含み損益は前日比-28,435円となりました。

 日経平均株価の史上最高値更新から始まった保有資産の連騰記録も4日でストップしました。

 米国株式が調整している割には日本の株式市場はしっかりしています。

 相対的に日本市場は出遅れていますので、海外からの投資資金はまだ集まる余地がありそうです。

 今日で2月が終わりました。

 また2月の投資成績をまとめますが、今月は結構資産が増えたと思います。

 ただ、日経平均の上昇率ほどには増えていないと思うので、保有銘柄については3月以降の伸びに期待ですね。

九州リースサービスが3Q決算・業績上方修正・増配を発表

 九州リースサービス(8596)が3Q決算を確認しました。

 3Q決算IR

https://www.k-lease.co.jp/ja/ir/news/auto_20240207528897/pdfFile.pdf

 昨年比減収・減益という見た目となっていますが、これは前期の航空機売却や投資有価証券売却の特別利益がなくなったことによる反動減であり、併せて上方修正も発表していることから、半導体関連産業の集積により九州全域に波及している旺盛な設備投資や不動産需要を反映してリースの取扱いは伸長しています。

 2024 年3月期通期連結業績予想の修正(上方修正)及び期末配当予想の修正(増配)に関するお知らせ

https://www.k-lease.co.jp/ja/ir/news/auto_20240207528930/pdfFile.pdf

 配当予想は前期実績の25.5円から4.5円増配の30円予想となり、株主優待(クオカード)の廃止を埋める増配には至っていませんが、今期予想配当性向が22.7%ですので、成長と配当のバランスが取れた状態ともとれますので、来期以降も成長が続くものと見て投資を続けていきます。

 株価は連日年初来高値を更新し絶好調です。

九州リースサービスの1年チャート SBI証券から

 半導体生産で世界最大手の台湾TSMCの新工場が熊本に建設され、関連銘柄として買いを集めています。

 株価は青天井で上昇を見せていますが、本決算の数字次第ではさらに大化けも期待できそうです。

 いまだ予想PER11倍、PBRは1倍割れですので、今はまだ割安感の是正でしかありません。

 PER30~50倍へと評価されても全く不思議ではないので、しっかり握って利を伸ばしていくこととします。

カッパ・クリエイトとアトムの3Q決算【クラフト ハインツを追加購入】

2月28日投資成績  

 本日の保有株の含み損益は前日比+248,245円となりました。

 日経平均株価は31円安となり、史上最高値更新からの連騰が止まりました。

 しかし、スタンダードやグロース指数は上昇しており、小型株に資金が移ってきているようです。

 今日は2月配当銘柄の権利落ち日でしたので、イオンやクリエイト・レストランツ・ホールディングスなど保有している2月権利銘柄は下げていますが、これから崩れるほどではなさそうです。

 IPOも光フードサービス(138A)が2,660円の公募価格に対し、初値つかずの持ち越しとなるなどIPOも再び活況となりそうな雰囲気が出てきました。

 今年はうるう年ですので2月は明日まで相場がありますが、ようやく保有銘柄にも株高の恩恵が出始めたので、良い流れで3月に入れるように2月を締めくくりたいところです。

カッパ・クリエイトとアトムの3Q決算

 カッパ・クリエイト(7421)とアトム(7412)の3Q決算を確認しました。

 カッパ・クリエイト3Q決算IR

https://www.kappa-create.co.jp/blog/wp-content/uploads/2024/02/2024%E5%B9%B43%E6%9C%88%E6%9C%9F3Q_%E6%B1%BA%E7%AE%97%E7%9F%AD%E4%BF%A1.pdf

 アトム3Q決算IR

https://www.atom-corp.co.jp/ir/ir_disp.php?ir_no=790

 カッパ・クリエイトについては前期の赤字から黒字へと復帰していますが、進捗率は売上高で72.8%、営業利益と経常利益は61.4%、62.6%となっており、苦戦は続いているようです。

 アトムに関しては増収となっているものの、赤字は継続(赤字幅は縮小)しており、通期業績予想へはとても及びそうにありません。

 賃上げが物価上昇に追いついていない現状では、同社の苦しい展開は続くと思われます。

 しかし、カッパ・クリエイトとアトムは株主優待が強力に株価を支えていますので、優待が維持されれば市場は問題視しないようです。

カッパ・クリエイトの1年チャート SBI証券から

アトムの1年チャート SBI証券から


 特にアトムの黒字化への道は険しそうですが、12月には両社から株主優待ポイントが付与されたのでまた食事に行って応援ですね。

12月に私と妻それぞれに優待ポイントが付与されました

クラフト ハインツを追加購入

 記録を忘れていましたが、今年初の米国株の買付けを行いました。

 NISA口座でクラフト ハインツを1株購入です。

クラフト ハインツを33.9ドルで購入

 バフェット銘柄で安定性の高い食品セクター、PERは15倍ほど、配当利回りは4%超えと手堅さは十分です。

 エヌビディアなどを見ていると誘惑にかられますが、2022年にはナスダックが40%近い下落をしており、値動きが激しいので、エヌビディアの恩恵は投資信託のインデックスファンドでいただくとして、個別銘柄投資では安定感と重視していきます。

 ただ、為替が相変わらずの円安となっているのでドルでの買い付け余力が少ないため、米国個別株投資は買い付けを焦らずゆっくり行こうと思います。

 1ドル145円ほどまで円高が進んだ時にはまた少しずつドルを買っていこうと思います。

ハピネットが3Q決算・業績上方修正・増配を発表【調整すれば買い増しを狙っている銘柄です】

2月27日投資成績  

 本日の保有株の含み損益は前日比+164,748円となりました。

 日経平均株価はわずか5円ですが、終値での高値を更新しています。

 昨夜の米国株が下落したため、日本株も引きずられると思いましたが、まだ買い需要が旺盛なようです。

 円安かつ、相対的に米国株から出遅れている日本株は割安なものも多いので、いつまでも米国株の動向に振り回されているようでは困りますからね。

ハピネットが3Q決算・業績上方修正・増配を発表

 ハピネット(7552)が3Q決算を発表しました。

 3Q決算IR

https://ssl4.eir-parts.net/doc/7552/tdnet/2391699/00.pdf

 前期比で売上高12.4%、営業利益29.1%、経常利益28.0%増加し、純利益にいたっては61.1%と素晴らしい内容となっており、当然、通期業績の上方修正も併せて発表となっています。

 業績予想の修正及び配当予想の修正に関するお知らせ

https://ssl4.eir-parts.net/doc/7552/tdnet/2391702/00.pdf

 タカラトミー減損損失の計上がありましたが、ハピネット連結子会社化したブロッコリーの段階取得に係る差益10.25億円を計上しており、大きく利益を伸ばしています。

 期末配当については前期実績の40円から2.5倍となる100円へと大幅増額され、年間配当金は前期の65円から125円予想へと増額されました。

 同社は連結配当性向40%を目標としていますが、今期の配当性向は42.6%ほどとなります。

 ここまでの数字を出すと、市場も素直に反応し、翌日はストップ高の上昇を見せました。

 その後は日経平均株価の史上最高値を更新や半導体への投資資金の集まりなどから上値は重い様子。

ハピネットの6か月チャート SBI証券から


 通期業績でも上振れて着地する可能性は大いにありますが、昨年も来期予想が超保守的だったために、株価が大きく調整する場面がありました。

 まだまだ割安水準ですので、大きく調整するチャンスがあれば子供名義でも買ってあげたい銘柄となります。

yupin.hatenablog.com

 

yupin.hatenablog.com

 子育て世帯にはとても魅力的な株主優待があるので、将来を見据えて子供達にもそれぞれ保有させてあげたいと狙っています。

稲畑産業の3Q決算を確認【九州リースサービスが年初来高値を更新】

2月26日投資成績  

 本日の保有株の含み損益は先週末比+164,040円となりました。

 連休明けの日経平均株価は続伸し、最高値を更新しました。

 青天井ですので、投資家心理も明るいですね。

九州リースサービスが年初来高値を更新

 保有銘柄では九州リースサービス(8596)が+114円(+8.91%)と大幅高となり、年初来高値を更新しています。

九州リースサービスの10年チャート SBI証券から

 熊本へのTSMC進出、半導体関連で市場の評価が高まっているのでしょう。

 まだPER10倍、PBR0.8倍ですので伸びしろはたっぷりです。

 しっかり握っていくこととしましょう。

稲畑産業が3Q決算を確認

 稲畑産業(8098)の3Q決算を確認しました。

 3Q決算IR

https://ssl4.eir-parts.net/doc/8098/tdnet/2390123/00.pdf

 前期比増収・増益と業績は好調です。

 稲畑産業については筆頭株主である住友化学の業績がボロボロであることの方が注目を集めてしまっています。

 経団連会長の十倉会長の出身企業ですが、株価はボロ株状態。

住友化学の10年チャート SBI証券から

 チャートでは底のように見えなくもないですが、投資ではなく投機ですので手出し無用です。

 また、政策保有株式の半数がこれも株価が低迷している住友ファーマであることが悩みの種ですが、稲畑産業への大きな影響は現時点ではないようです。

 配当予想も1株120円で変更がありませんので、現状を維持して様子を見ていくこととします。

稲畑産業の3年チャート SBI証券から

 PER9倍弱、PBR0.91倍とまだ株価の是正余地ありと見ています。

今年2回目のスキー旅行を楽しむ【スキー・カニ食べ放題を堪能】

今年2回目のスキー旅行を楽しむ

 今年のお正月に家族で初めてのスキー旅行に出かけ、雪遊びだけでなくホテルでの温泉、バイキングを堪能し満足度が高かったことから、2回目のスキー旅行に行ってきました。

yupin.hatenablog.com

 今回はスキーは白樺湖周辺です。

池の平スノーパーク

 初日は池の平スノーパークで娘たちは雪遊びと動物遊びを、息子はリフトに乗ってひたすら滑りました。

息子は易しいコースをひたすら滑ります

 こちらのスキー場は距離も短く、傾斜も緩やかなため、大人には物足りなさもありましたが、初心者の子供にはちょうど良い難易度だったため、長男の後に続く長女、次女のためにもまた訪れようと思います。

 娘たちはアシカへのエサやりやウサギとモルモットに触れ合い楽しみました。

アルパカ

アシカ

ウサギとモルモット

ハスキー

 ハスキーと長女。ともにいい顔しています。

白樺湖ビューホテル

 今回の宿泊は前回と同じく伊東園ホテルズグループの白樺湖ビューホテルです。

 1974年開業のホテルで経営難により2006年から伊東園グループ入りをし再生したホテルとなります。

白樺湖の畔でロケーションは◎

 年数ながらの古さは感じますが、家族5人で食事付き20,980円という価格は大満足です。

 今回のバイキングではカニ食べ放題があり、妻とたらふく楽しませていただきました。

アルコール飲み放題とカニ食べ放題で大満足

 子供たちも大好物の冷凍ライチを発見してご満悦です。

冷凍ライチとシュークリームが大好物

 飲み放題のアルコールも運動・温泉後とあって格別の美味しさでした。

 伊東園ホテルズは本当にコスパが高いですね。

 スキーシーズンということもあって、スキー客でにぎわっており、卓球とカラオケの予約はとれず残念でしたがそれは次回のお楽しみです。

 今後も旅行の拠点の1つとして利用したいと思います。

白樺2in1スキー場

 さて、2日目のスキーは白樺2in1スキー場へやってきました。

 この日は子供のリフト券が無料のイベントとなっていたので、長女と次女もスキー道具をレンタルしてスキーデビューです。

初めてのスキーにワクワクしています

 1日平らなところを手で漕いで滑りましたが斜面を滑るにはもう少し練習が必要です。

平地で修行中

 長女と次女のスキー道具もまた揃えたいと思います。

 息子はまた1日ひたすら滑りました。

 まだ腰が引けて安全第一走行ですが、ボーゲンはだいぶ上達したので、十分スキーを楽しめるところまでこれました。

山には一時虹がかかる場面もありました

 私の修繕したブーツも不具合なく、使用することができたので一安心。

yupin.hatenablog.com

 息子にスキー場の感想を聞くと、「上級コースはまだ滑れないから、池の平スノーパークの方が滑れる距離が長く楽しかった」とのことでしたので、娘たちもいることから、次回以降しばらくは初心者向けのコースを選んで連れて行ってあげようと思います。

 昼食はラーメン・うどん・カツカレーを堪能。

 運動後は温かいココアと冷たいアイスも堪能。

スキー場のカレーは美味い!

 遊び疲れて帰りの車では急速充電していました。

体力の限界

おまけ インフルエンザ罹患

 さて、スキー旅行を楽しんだ翌週、息子が発熱し、学校を早退しました。

 その夜には39.8℃まで熱が出たので、翌日病院へ連れて行くと「インフルエンザ A型」の陽性反応が出ました。

インフルエンザA型 陽性

 息子のクラスでインフルエンザがまん延しているようで、そこからもらってきたようです。

 遊び疲れた後は風邪をひかないようにしっかりと休まないといけませんね。